LIST OF BOOKSこれまでに出た本

カテゴリ別にご覧になりたい場合は、以下をクリックして下さい。

発行順 2020年1月~

人物でよみとく物理

2020年5月20日発売
藤嶋昭 監修
田中幸・結城千代子 著
本体価格2,000円+税
発行:朝日学生新聞社 発売:朝日新聞出版

中学・高校で学ぶ、物理の重要15テーマがよく分かる! 
約50人の物理学者の歩みをたどりながら、物理学発展の歴史に迫ります。


ガリレオ、ニュートン、ラファデー、アインシュタインなど、物理学で重要な発見をした科学者を約50人収録。発明・発見に至った経緯や、その時どう考えたかを解説します。15のテーマごとに、身近な例をイラスト入りで説明するページがあり、物理現象の理解に役立ちます。年表やコラムも多数掲載。科学者たちが、時代や国を超えて影響を及ぼし合ったことがよく分かる1冊です。

〔もくじ〕
1章 力学その1(運動)
2章 大気圧と真空
3章 力学その2(万有引力)
4章 温度
5章 熱力学
6章 光その1(波としての探究)
7章 音
8章 磁気と電気
9章 電流
10章 電磁波
11章 原子の構造
12章 放射線
13章 光その2(波と粒子の二重性)
14章 量子力学
15章 素粒子

年表① 力学の確立に活躍した科学者たち
年表② 熱力学発展に貢献した科学者たち
年表③ 波動の研究に関係する科学者たち
年表④ 電磁気学の発展と科学者たち
年表⑤ 原子に関する研究と科学者たち

<プロフィール>
著者
田中幸(たなか・みゆき)
岐阜県生まれ。晃華学園中学校高等学校教員。上智大学理工学部物理学科卒業後、企業で発電所設計に携わる。慶應義塾高校、都立日比谷高校、西高校などの物理講師を経て、晃華学園中学校高等学校で教員を務める。日本物理教育学会、物理教育研究会(APEJ)会員。東京書籍中学理科教科書執筆委員。NHK高校講座物理基礎制作協力。

結城千代子(ゆうき・ちよこ)
東京都生まれ。上智大学理工学部非常勤講師。国際基督教大学大学院理科教育法修士課程修了。筑波大学大学院バイオシステム研究科中退。中学高校、埼玉大学、昭和大学他の物理講師を経て、現在、上智大学非常勤講師。晃華学園マリアの園幼稚園長も務めた。東京書籍中学理科、小学校理科、小学校生活科教科書執筆委員。元NHK 高校講座物理基礎講師。

朝顔のハガキ

2020年3月31日発売
山下 みゆき・作
ゆの・絵
本体価格1,200円+税

夕鶴ルール? 河童の仕事?「お、俺、何も言いませんから……」
少年2人の、ちょっとホラーな夏休み


ばあちゃんの家で暮らす小学6年生の誠矢。夏になると毎年かならず届く、謎の「絵ハガキ」の送り主に会うために、この夏、ついに冒険の旅に出る。誠矢の計画をなぜか邪魔するばあちゃんを振り切って、同級生の梶野くんや母さんの協力で無事に送り主の元へたどり着く誠矢だったがーー。そこで、思いもよらない人物との出会いが待っていた。

第10回朝日学生新聞社児童文学賞受賞作。
2019年10月~12月 朝日小学生新聞にて連載後、書籍化。

<プロフィール>
著者
山下 みゆき(やました・みゆき)
広島県生まれ。神戸大学大学院自然科学研究科修士課程修了。私立高校に8年間勤務、生物を教える。2019年、本作で第10回朝日学生新聞社児童文学賞を受賞。『ラストで君は「まさか!」と言う~不思議な友だち』PHP研究所(2020年2月発売)に短編作品を収録。日本児童文芸家協会会員。童話サークルわらしべ所属。

◆『朝顔のハガキ』114ページ9行目、「だすことになっってしまった」に「っ」が2つ入っていました。正しくは「だすことになってしまった」でした。おわびして訂正いたします。

言葉屋⑧ だんだん階段でまちあわせ

2020年3月31日発売
久米絵美里・作
もとやままさこ・絵
本体価格1,200円+税

朝日小学生新聞から生まれた人気小説「言葉屋」シリーズ
危機を救うのは言葉かもしれない


「言葉屋」とは、「言葉を口にする勇気」と「言葉を口にしない勇気」を提供するお店です。
言葉屋修行中の詠子は、いよいよ中学3年生の春をむかえます。最終学年の重圧や環境の変化にたえきれず、たよりにしていた仲良しのおじさんと、けんかしてしまいます。
すれちがう気持ちをかかえたまま詠子は、子どもの貧困やブラック校則、遠距離の人間関係という、さまざまな「差」が生む問題に出会い、未来を照らしてくれるものが、いつも「言葉」であることに気がつきます。
そして、思いをよせる桐谷伊織くんが、留学を考えていることを知り、ショックを受けます。眠れぬ夜に、詠子が救いを求めたのは……? 朝日小学生新聞から生まれた人気小説シリーズ第8弾。

■お試し読み(第一章冒頭の一部を掲載)はこちら

<プロフィール>
作者
久米絵美里(くめ・えみり)
1987年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』で第5回朝日学生新聞社児童文学賞を受賞し、デビュー。他の著書に『君型迷宮図』(朝日学生新聞社刊)。
 

もとやままさこ
1982年神奈川県生まれ。武蔵野女子大学文学部日本語日本文学科卒。イラスト、書籍の挿絵などで活動。『夏の日』『ゴムの木とクジラ』『ぜいたくなあさ』『まどろむ、わたしたち』(白鳥博康著、銀の鈴社)などで絵を担当している。

京大東田式カレーなる算数パズル② KAKU

2020年3月31日発売
東田大志・京大東田式パズル教室・著
定価 本体価格1200円+税

楽しく図形感覚を身につけるパズル「KAKU」全100問収録!

 京大東田式カレーなる算数パズルシリーズから、2巻目となる「KAKU(カク)」編(税込み1320円)を発売します。
 著者は京都大学出身で、日本で唯一のパズル博士・東田大志さんと、東田さんが昨年京都に開校したパズル教室のメンバーです。
 オリジナルパズルのKAKUは、四角い盤面上に点線と数字が書かれているパズル。点線上に線を引き、3なら三角形、4なら四角形と数字の数が含まれる角(かく)の図形に切り分けます。
 パズルのなかでさまざまな多角形ができるので、遊びながら図形感覚を身につけることができます。
 この本では、KAKUをレベル別に100問収録しています。簡単な問題から少しずつステップアップしながら、高度な考え方を身につけることができます。対象は、小学2~6年生です。
 同じシリーズで1巻目として昨秋発売された「ぬり算+」も、好評発売中です。ぬり算ではたし算をベースにした計算力が養えます。今後もシリーズで続刊予定です。
 楽しくパズルを解いて、算数の基本になる図形を認識する力や論理的な思考力を伸ばしてみませんか。

<著者プロフィール>
東田大志(ひがしだ・ひろし)
1984年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。日本で唯一のパズル研究者であり、パズル作家。小学校から高校までパズルざんまいの日々を送り、高校3年生の夏から本格的に受験勉強を開始し、京都大学法学部に現役合格を果たす。京都大学パズル同好会を創設。自作のパズルを書いたビラを全国47都道府県で配り「ビラがパズルの人」として注目される。パズルに関する著書多数。

京大東田式パズル教室
2019年4月、東田大志と京都大学パズル同好会出身のメンバー3人が京都市に開校。小学生から大人まで、楽しみながら思考力を伸ばすパズルを教えている。

pageTOPへ